取扱グレードGRADE

Home > 取扱グレード

アドロンコーティングアドロンL-RシリーズハードAトシカルSコーティングファインブラスト

 

アドロン®コーティング

 

ふっ素樹脂コーティングのパイオニア「東京シリコーン」から引き継いだアドロン®コーティングは、常に時代の最先端の産業を支え続けてきました。
(リンク:フロロコートの歩み)

経営理念である『表面改質技術で社会に貢献』を実現してきたアドロン®コーティングは、基材のもつ特徴を生かしつつ、ふっ素樹脂の持つ性能を100%発揮させる加工技術と評価技術によって、今も家庭用品から宇宙産業までさまざまな分野で、省力化や自動化あるいは地球環境を守るために大きな役割を果たしています!

アドロン®は、当社の登録商標です。


1960年代の展示会ブース

2013年軽量化技術展のブース

 

アドロン®L-Rシリーズ

 

60年の実績をベースに当社独自の品質保証体制を構築したアドロン®L-Rシリーズ

 

長年の実績と将来を見据えた加工技術によって、アドロン®L-Rシリーズのブランドが誕生しました。

機能別に8グレードからスタートしました!

 

川越ものづくりブランドKOEDO E-PRO認定第一号です

 

グレードNo機能膜厚特記事項
L-RN100難付着性30±10μm 
L-RN200難付着性22±7μm帯電防止タイプ
L-RN300難付着性40±20μm 
L-RS100すべり性25±10μm 
L-RS200すべり性20±10μm帯電防止タイプ
L-RS300すべり性20±10μmゴム・プラスチック用
L-RK100化学的不活性300±100μm 
L-RK200化学的不活性400±100μm 

 

 

ハードA(エース)

 

より剛く、より永く 高耐摩耗性塗膜「ハードA(エース)」

 

ハードAとは:
ふっ素樹脂コーティングの特性である耐熱性、難付着性、すべり性を出来るだけ損なうことなく
耐摩耗性、接着性、硬さ、引っかきに対する抵抗性を飛躍的に向上させた耐摩耗性被膜です。

 

 

 

ハードAの構造

 

基材に耐摩耗性の優れた物質を独自の溶射方法によって強固に接着した硬質層を付与します。

この層はハード(硬く)であり、耐摩耗性多孔質層になっていて、この層の上にふっ素樹脂コーティングを行っています。

 

硬質物質層は多孔質状にしてありますので、これにふっ素樹脂塗膜が食い込み、 接着力の向上と引っかき等に対する抵抗性が十分に改善されています。 表面はふっ素樹脂塗膜で覆われていますので、ふっ素樹脂塗膜の特性である、 難付着性、低摩耗特性、耐熱性などを十分に発揮します。 さらにふっ素樹脂塗膜が減っていた時、硬質物質が頭を出してふっ素樹脂塗膜の摩耗を妨げ、 結果として耐久性と耐摩耗性を飛躍的に向上させます。 また、ふっ素樹脂塗膜の特性が大幅に低下することもありません。

 

ハードAの用途・事例

 

 

コーティング膜の耐久性にお悩みの方、是非お試し下さい。

 

 

トシカルSコーティング

 

非粘着性表面改質加工「トシカルSコーティング」の特徴

基材の特徴は変えずに、非粘着性表面へと改質します。
強粘着性物質の基材への付着による障害を防止します。
作業の自動化と効率化、不良発生率の低減へと解決します。

 

 

 

 

ファインブラスト®加工(FB加工) 地球環境に優しい技術

 

物質表面へ小さな粒子を激しく衝突させ表面に凹凸をつける、又は磨くという目的の「ブラスト加工」は古くからある知られた技術です。
しかしその凹凸形状は不均一であり利用の道は限られておりました。
当社は独特な衝突材と管理された作業から精密で均一にコントロールされた凹凸を提供することに成功しました。
この管理された加工技術がファインブラスト®加工です。

 

ファインブラストは当社の登録商標です。

 

μm~nmの粗さコントロールに挑むファインブラスト®の効果

 

表面積の拡大

付加価値の高い精密部品の印刷・塗装等の密着性の向上に。
放熱性の向上にも効果を発揮します。

油保持効果
精密な凹凸面の凹部に一定の油を加えることができる為、OA機器等精密機械の摺動部の給油効果持続に。

摩擦抵抗力の付与
凹凸形状の管理で滑り止めやその逆もコントロール可能。

定量供給効果
管理された凹凸面により粉粒体の均一な散布。

樹脂成型ムラの救済
樹脂成型時に発生するウエルドラインや成型キズ、シボムラ等を綺麗に除去し歩留りの向上が期待できます。

美観の向上効果
凹凸面のコントロールにより、美観を高め、高級感溢れるファッション性の高い製品に。
また、塗装・印刷を施してある製品にキズや剥がれ等の悪影響を及ぼさずに直接加工する事も出来ます。

鍛造効果が期待出来る
鉄・ステンレス・チタン等へ粒子を衝突させることにより、硬度・強度・弾性の増加が期待できます。

防眩効果
製品表面の光沢度・面粗さ等を定量的に管理し表面からの反射光を調整します。

 

応用例

 

リードフレーム
半導体用リードフレーム
エポキシ基盤との密着向上、ソリの発生もありません。

現像ローラースリーブ
ファインブラストによる凹凸効果によりPPCトナーの精密定量供給に効果。
薄肉のアルミパイプでも「ブレ・変形」が発生しません。

携帯電話筐体
ウエルドライン・シボムラの除去など
樹脂成型品の外観向上に実績

ディスククランパー
パソコン用ハードディスククランパー
プレス加工時に発生するバリの除去と変形防止に効果