特集ページFEATURE

Home > 特集ページ:熱溶着用型(板)へのふっ素樹脂コーティング

熱溶着型(板)へのコーティング

貼りつき、糸引きでお困りではありませんか?
熱溶着用型(板)へのふっ素樹脂コーティング

 

 2つの樹脂部品(材質はポリカーボネイト、アクリル等の熱可塑性樹脂)を熱で溶かし、溶けている状態でそれぞれの部品を合わせて接着させる熱溶着用の加熱型や加熱板にふっ素樹脂コーティングは有効です。
 加熱型や加熱板への溶融した樹脂部品の貼りつき、糸引きを防止し、歩留まりの改善や清掃作業の簡易化による生産性の向上に寄与します。

 当社で採用された事例をいくつか紹介致します。
 耐久性や糸引きによる不具合にお困りなら、貴社にマッチングしたコーティングをご提案させて頂きますので、是非弊社にお問い合わせください。

 

①自動車のテールランプ製造用熱溶着型


自動車のテールランプ製造用熱溶着型


自動車のテールランプ製造用熱溶着型
自動車のテールランプ製造用熱溶着型

 

「糸引き」の例
自動車のテールランプ製造用熱溶着型

「貼りつき」の例
自動車のテールランプ製造用熱溶着型


<熱溶着方法の概略図>

熱溶着方法の概略図

 ①    :製品セット・熱板挿入
 ⇒(矢印):接合面の溶融(接触式/非接触式)
 ②    :熱板の取り出し
 ③    :溶融面の接合・冷却

 

 

②自動車用樹脂タンクの熱溶着型


自動車用樹脂タンクの熱溶着型


自動車用樹脂タンクの熱溶着型
自動車用樹脂タンクの熱溶着型

 

 

③歯磨き粉等のチューブの熱溶着用エンドレスベルト


歯磨き粉等のチューブの熱溶着用エンドレスベルト


溶融する樹脂により、最適なコーティング仕様が異なります。
お問い合わせの際、溶融する樹脂の種類、型や板にかける温度等をご教示ください。